通信教育という新しい学ぶ形、簿記の資格の勉強もできる

資格マニュアル

資格

sikaku

現在日本には約3000種類の資格が存在し、大きく分けて国家的なもの、公的なもの、民間のものの3種類に分けられる。
国家的なものとは、医師や弁護士のように特定の職業を営むために与えられるもので、法律に基づいて個人の能力を判定するものである。
公的なものとは、販売士検定や簿記のように省庁が認定するもので、民間の団体が実施するものである。
民間のものとは、オラクルマスターなど、企業や民間団体が主催するものであり、法的な裏づけを持たない資格である。

資格を取得する方法

資格によって取得する方法は様々で、代表的なものは以下の通りである。
一つ目は、勉強し学科試験に合格することで取得する方法であり、簿記検定や医療事務などが挙げられる。
二つ目は、特定の学校・課程を卒業し、且つ学科試験に合格することで取得するものであり、医師免許などがこれに当てはまる。
三つ目は指定の学校で指定の学科・課程を修了後、申請するだけで取得する方法であり、小学校教諭免許状、中学校教諭免許状、幼稚園教諭免許状などが当てはまる。

資格を取得するメリット

benkyou

資格をとることのメリットとして、以下のことが挙げられる。
まず自分の望む分野で独立したいと考えている人にとって、資格の取得は大いに役立つ。その分野の知識が深まるだけではなく、顧客に対して自分の能力を客観的に証明するものになる。
また就職活動をする際に企業に自分の能力をアピールする材料にもなる。採用に有利に働くことが期待できるだけでなく、就職後もその企業内での昇進・昇給を目指すうえで大きなポイントになる。